顔面神経麻痺を発症した方へ

※まずは早急に耳鼻咽喉科を受診してください!!
※耳鼻咽喉科ではない場合は、耳鼻咽喉科の先生の指示に従ってください。

仕事、所用などをキャンセルしてでも、少しでも早めに受診してください。

顔面神経麻痺の回復には初期治療が重要です。

当院では、病院での初期治療が終わってから施術させて頂いています。

画像の説明

患者さま

クリックで拡大




  • いつ頃から、どのような症状でお悩みでしたか?
    2015年2月10日夕方、突然顔の左半分が麻痺しました。
    次の日が祭日だったため、12日朝、町医者に行きステロイド薬を処方してもらいましたが
    改善せず、16日紹介状を持って西市民病院に行き即入院になりました。
    期間は2週間、ステロイド薬、抗生物質の点滴とリハビリ治療でした。
    改善しないまま退院しました。

  • 当院に決められた理由はなんですか?
    友達や知人から、鍼治療が効果があるみたいだと聞き、相談にお伺いしました。
    初回訪問の時に田中先生の人柄と具体的なアプローチを説明してくれたことでトライしてみ
    ようと決めました。(3月30日スタート)

  • 施術を受ける前と受けた後の変化を具体的に教えてください。
    1ヶ月後には症状の改善がはっきり自覚でき、周りの人にもよくなってきたと言われるよう
    になりました。
    2ヶ月後には、閉じることができなかった目が良くなり、シャンプーハットを使って洗髪し
    ていましたが、必要なくなりました。
    3ヶ月後には、リハビリ(病院)の先生が回復ぶりにたいへん驚かれました。はり治療以外
    の成果としか考えられません。とても有効な方法です。現在約半年でほとんど良くなってお
    ります。

  • 当院へのご意見・ご感想をご自由にお書きください。
    田中先生を全面的に信じて治療していただいたことが良い結果へと繋がりました。
    針治療は、今まで経験が一度もなく、痛いのでは?という不安がありましたが、そんなに痛
    くないことがわかりました。
    今回の治療に関して学んだことがもうひとつあります。
    最高の治療をしようと努力してくださる先生に対し、患者側も全くの受け身では治らないと
    いう事です。自分自身が治りたいという意志と回復への努力も必要だと思いました。
    もしも同じような病気にかかられた方がいらっしゃれば是非、田中先生にご相談なさってみ
    て下さい。
    この度は本当にありがとうございました。心から御礼申し上げます。

    ※施術効果には個人差があります


画像の説明

クリックで拡大
  • いつ頃から、どのような症状でお悩みでしたか?
    2月頃 右顔面神経麻痺
    慢性 首・肩のコリ
  • 当院に決められた理由はなんですか?
    インターネットを見て
  • 施術を受ける前と受けた後の変化を具体的に教えてください。
    顔面神経マヒは少しずつ良くなった
    首・肩のコリは楽になった

※施術効果には個人差があります


画像の説明

クリックで拡大
  • なぎさ鍼灸治療院にご来院いただく前は、どんなお悩みがありましたか?
    右顔面完全麻痺が発症し、仕事ができない状況でした。
    全く動かないので治るのかどうか不安でした。

  • そのつらかった症状に対し、今までどのような事をされてきましたか?
    発症後、すぐにステロイド治療開始。(発症後3日目)約1週間。
    ステロイド治療中、後も特に何の変化もなしで不安はつのるばかりでした。
    病院から薬をもらうが特に変化なし。社内医務室に相談し鍼灸(針治療)を推められWebで検
    索し当院に通院することを選択。

  • その辛かった症状は、今はどうでしょうか?
    今はほぼ回復。病院では投薬のみの治療で、その後のリハビリについての具体的な指導は特
    になし。当院に来て、筋肉の動かし方等のアドバイスを受け通院ごとに回復していくのを実
    感。

  • 同じような症状で悩んでいる方に向けて、何かメッセージをお願いします。
    まずは病院ですぐに初期治療を開始(ステロイド等)その後は特に投薬以外の治療はなく、リ
    ハビリに対する具体的なアドバイスは受けられないので、当院のような特に顔面治療も扱っ
    ている鍼灸院にての継続的な治療を推めます。初期時は通院頻度も多く、短期に集中的に治
    療を行うことを推めます。
    特に当院はアドバイスが的確でした。患者の多くは不安です。それもこのアドバイスによっ
    て払しょくされました。気になる点は質問し回答をもらい、逐次対応していくのが完治への
    近道だと思います。



    ※施術効果には個人差があります


お役に立ちます!)

画像の説明

ここであなたに提案があります。

もしあなたが今、上記のように不安を感じお悩みなら、今より少しでも良くなりたいと思われているなら、なぎさ鍼灸治療院に来院しあなたの顔面神経麻痺をより良く改善させませんか?

顔面神経麻痺のリハビリの目的は、単に動くようになれば良いというものではありません。

いかに病的共同運動を抑えるかという事が重要です!!

間違ったリハビリを続けると共同運動を助長してしまう事が考えられます。

少しでも元のように戻るよう、一緒に頑張りましょう!!

顔面神経麻痺
お電話ください!

画像の説明

※メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。




なぎさ鍼灸治療院の田中です

なぎさ鍼灸治療院
院長:田中 博士(たなか ひろし)

・国家資格所持
 はり師 :第159545号
 きゅう師:第159189号

整骨院、診療所(リハビリテーション科)などの勤務を経て、神戸市兵庫区に鍼灸治療院を開業。

神戸市兵庫区在住。既婚。4才の男の子の父。

院長の田中です


初めまして。

神戸市兵庫区にあります、「なぎさ鍼灸治療院」の院長をしております田中博士といいます。

このホームページをご覧頂いているあなたは、何らかの原因により顔面神経麻痺になってしまい、今後の事でとても不安になっているかと思います。

病院にリハビリに通っている方、またこれから何をしたら良いか全くわからない方など、少しでもより良くなりたいとお考えの方に来院頂いています。そのような方々のお役に立つことを考え日々勉強、施術に臨んでいます。

当院では脳疾患や外傷による顔面神経麻痺、ベル麻痺、ラムゼイハント症候群などの方にお越し頂いています。なかなか予後が良くない状態の場合もありますが、少しでも良い状態に戻したいという患者さまにご理解・納得をいただいた上で、私のできる最大限の施術をさせて頂いています。

私は過去、鍼灸師になる前に回転性のめまいで仕事を休まなければいけなかったり、3ヶ月ほどペインクリニックに通いブロック注射を打っていた時期がありました。やはりそんな時は一生このまま良くならないのではないのかと不安になってしまいます。ですので同じように今後に不安を感じ、お悩みになってしまう事も多少なりとも分かるつもりです。

不安になるのはしょうがない部分もあります。しかし将来後悔しないためにも今できる事、今しか出来ない事を行う必要があります。焦らず、継続して行っていく必要があります。

今後どうしたらいいのか分からない、そのように深くお悩みの方にこそ私の施術でお役に立つ事が私の役割だと考えています。そして来院いただいたあなたの笑顔が私の鍼灸師としての喜びであり、励みにもなります。



当院が選ばれる7つの理由

なぜ、なぎさ鍼灸治療院では

病院でも驚かれるほどの

顔面神経麻痺を改善することができるのか?

理由1 その時の状態を診させていただき、根本治療が受けられるから

当院では‘’ 触診 ‘‘により原因を見つけ出し施術いたします。
なのでお薬を飲んだり、他での施術を受けても良くならない、そのような方でも当院の施術を受けられた多くの方に喜びの声を頂いています。


理由2 麻痺のその時の状態に合わせた施術ができるから

施術を続けていく過程でどの様に変化しているのかを考え、気を付けなければいけない事に注意しより良い回復を促します。筋肉の突っ張り感などはどうしても出てしまいますが、むくみなどが出ないよう考え施術を行います。



理由3 予約制のため待ち時間がなく、あなたの大切な時間を無駄にはしないから

なぎさ鍼灸治療院では予約優先とさせて頂いております。そのためご希望の時間帯を事前に電話にて予約して頂いた後に来院していただくので、お待たせすることなくすぐに施術を開始することができます


理由4 あなたにご自分で出来る、必ずして欲しいセルフケアをお伝えするから

より良い回復の経過、後遺症の病的共同運動をいかに防ぐかが重要です。あなたにして欲しい事、またしてはいけない事などお伝え致します。
毎日来院していただく事はできません。あなた自身の頑張りも後々の回復を大きく左右します。



理由5 基本的に一人ずつの施術なので、なんでも気軽に聞ける環境だから

ベッドは2台ございますが、よりリラックスして頂けるように、また集中して施術を行いたいのでお一人ずつ施術させて頂いてます。


理由6 痛みの少ない鍼だから

当院では、一般的に使われている鍼より細い鍼を使用しています。なので痛みも少なく、必要以上に体への負担もございません。衛生面でも使い捨て鍼ですのでご安心ください。


理由7 院長である私が、あなたの症状を最初から最後まで責任をもって診させて頂くから

他の治療院では、毎回のように施術者が変わる事があるかもしれませんが、当院では私が最初から最後まで施術を致します。
なので体の状態の変化を把握できることで、より良い施術につなげていく事が可能になります。
 


画像の説明

ただし以下のような方は、なぎさ鍼灸治療院には向いておりません。

マッサージなどのリラクゼーション効果を求める人
自分の体にお金を投資できない人
たった1回の施術で治そうとする人
私がお伝えしたセルフケアしてくれない人
自分の体を自分で管理するという意識がない人
当日キャンセルをする人や予約時間に遅刻する人

しかし逆に以下のような方には当院が非常にお役に立てます。

健康意識の高い人
私のアドバイス通りに通院していただける人
家でも生活習慣を改善しようと頑張れる人
自分の体に時間とお金を投資できる人
予約時間を守ることができる人


 
多くの方がつらい思いをしている状況から解放されて欲しいという思いで、一人一人の患者さまに毎回本気で施術を行っています。
 
なので上記のお約束を守っていただける方には徹底的にサポートさせていただいております。 まずは勇気を出してご相談、通院してみてください。
 
軽い麻痺であれば何もしなくても完治する場合もあります。しかし治療・リハビリが必要な事が多くある事も現実です。もちろん1,2回の施術で症状が劇的に変化するものではありません。しかしその場合でも、継続して通院いただく事で着実に回復に向かって進むことがあなたにとって最善の道だと考えています。
 
発症後はできる限り早めの治療・リハビリ開始が望ましいです。例えば発症から1ヶ月後から始めるのと4ヶ月後に始めるのとでは、同じ事をしていても予後が大きく変わってしまう可能性があります。その時その時で状態が変わってしまいます。早めの処置をおすすめします。
 

「つらさを取り除き、もうこれからのことを悩まなくてもいい日々を送りたい!」 「周りを気にせず買い物や旅行など思いっきり楽しみたい!」というあなたのご来院をお待ちしております。一緒に頑張っていきましょう!

顔面神経麻痺
お電話ください!

画像の説明

※メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。


顔面神経麻痺

突然、顔が動かなくなるというように、顔面神経麻痺は突然のように発症します。

早急な対応が必要とされるので、すぐに耳鼻咽喉科で受診する必要があります。

中枢性顔面神経麻痺(両側性・脳血管障害や脳腫瘍など)と末梢性顔面神経麻痺(片側性)に大別されます。

いずれの場合も、まず病院での治療が必要となります。

当院に来院される方の多くは、末梢性顔面神経麻痺(ベル麻痺・ハント症候群)になられた方で、顔面神経麻痺の中でも絶対数は一番多いと言えます。

顔面神経麻痺の原因

顔面神経は脳から、側頭骨を通り、耳下腺を貫き、顔面に分布する神経です。

クリックで拡大

神経が圧迫を受けやすい箇所を通っていることもあり、強い炎症などで圧迫を受けることで神経が分断され麻痺が起こります。

麻痺による症状(聴覚、味覚異常など)で、どの部位が障害を受けているかを判断します。

原因として、強いストレスを受けている(抵抗力が低下)状況での、単純ヘルペスウイルス、帯状疱疹ウイルスや風邪などによる炎症がきっかけになることがあります。

外傷や原因が特定できる場合を除いて、精神的ストレスや体の抵抗力が低下した状態が続き、炎症が起こりやすい状態が顔面神経麻痺に発症つながると考えます。

顔面神経麻痺の治療

まずはすぐに耳鼻咽喉科を受診することが重要です。
顔面神経麻痺の原因の多くは耳鼻咽喉科での処置になります。
※科が違う場合は、耳鼻咽喉科の先生が指示してくださります。

その後、考えなければいけないことは、後遺症として病的共同運動をいかに防ぐかという事です。

  • 口を動かしたとき、目も閉じてしまう。
  • 食事をする時、麻痺側の目から涙が出てくる。(ワニの涙)
  • 顔面拘縮

専門家の指導のもと、適切なリハビリが必要です。
間違ったリハビリは上記の共同運動を助長しかねません。



当院では鍼灸と利点を生かしての治療を行っています。

麻痺の原因部位の血液の循環を改善させます。

また部位によっては突っ張り感・むくみも出やすく、血流・リンパ液の循環不良、神経の回復の妨げになることも考えられますので、突っ張り感・むくみを改善させます。

鍼には血管拡張、血管透過性の亢進、リンパ管拡張作用がありますので、血流・リンパ液の循環を良くします。


今とても不安を抱えていることかと思います。
麻痺の程度、発症からの期間などで回復過程は変わってきますが、少しでも早い対処がより良い結果につながると考えています。

回復の期間は。1年とも1年~1年半とも言われています。

※顔面神経麻痺のリハビリには焦りは禁物です。

発症後1年経過すると、いわゆる慢性期になり回復が難しくなります。

言い換えると1年間は回復期であり、後々の事を考えると根気よくリハビリを続けることが大切です。

顔面神経麻痺
お電話ください!

画像の説明

※メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。


a:2723 t:2 y:0